2018年最初のあらすじ

2018年スタート号のあらすじ

今回は感想じゃなくて、1月4日発売号のあらすじを書いていきます。
年末に振り返って「今年はこんなに話が進んだね」という話をするための気の長い布石です。

・ONE PEACE(尾田栄一郎)
トットランド編。
サニー号はついに「くいわずらい」のビッグマムに追いつかれてしまう。ブルックとジンベエの活躍でなんとか一時的に撃退した。
あと描写はないけどルフィは鏡世界でカタクリと交戦中。

・Dr.STONE(稲垣理一郎/Boichi)
ルリの病気が肺炎と判明。抗生物質を飲ませてついに完治した。また村の名前が「石神村」と判明。千空……「石神」千空との関連は!?といういいヒキ。

・約束のネバーランド(白井カイウ/出水ぽすか)
子どもたちが貴族の遊びで狩られる秘密の狩猟場。
ここに連れ去られたエマは、子どもたちを束ねるリーダーグループに会う。世界の仕組みについてなぜか詳しい彼らの背後には、オジサンの同期・ルーカスがいた。
ルーカスが語るミネルヴァの話とは?

・ブラッククローバー(田畠裕基)
絶賛アニメ放映中。
アネゴレオン率いる精鋭部隊が白夜の魔眼のアジトを襲撃している一方で、黒の暴牛団のアジトはラデス、ヴァルトス、サリーの襲撃を受けていた。ゴーシュたち留守番組が応戦するが押され気味。そんな中、アジトより見知らぬ人影が現れる。

・僕のヒーローアカデミア(堀越耕平)
爆豪と焦凍の補講編。
ギャラリー席ではエンデヴァーとオールマイトがヒーロー論を語る。
一方で爆豪たちは子供の世話に苦戦していた……。

・鬼滅の刃(吾峠呼世晴)
上弦陸の鬼と交戦中。
鬼いちゃんこと妓夫太郎によって善逸、伊之助、天元は瀕死に。絶体絶命だが決して折れない炭次郎の反撃が始まる。

・ぼくたちは勉強ができない(筒井大志)
一話完結型中心だからここで書いてもなぁと思いつつ記録しておこう。
桐須先生の妹が来た! 初登場!

・食戟のソーマ(附田祐斗/佐伯俊/森崎友紀)
連隊色戟の4thBOUTの一戦目、薙切えりな対茜ヶ久保もも。テーマ食材は黒糖。
ももが醤油クリームのロールケーキで先攻する。

・斉木楠雄のΨ難(麻生周一)
ついに右側の装置を抜いた楠雄。これが抜けると彼が超能力者であることが世界中に伝播してしまう!
と思ったら空助の気まぐれにより既に装置は無効化されていた。
ところで空助は楠雄の超能力を完全無効化する装置も開発していた。ただしこれは一度装着すると二度と超能力が使えなくなる。あとデザインがウンコ。
いろいろ悩んだ結果(明智との約束とか)、楠雄は無効化装置を預かるが装着はしないのであった。

・銀魂(空知英秋)
今度こそ虚と決着つくのかな編。龍脈の供給を止めることで虚を追い詰めていたが、ギリギリのところで龍脈を制御していた定春が死亡する。反撃に入る虚。しかしかぶき町の人たちが生命力を分け与え、定春は半霊体としてまだ現世にとどまるのであった。

・ハイキュー!!(古舘春一)
全国大会の稲荷崎戦第三セット目。
調子の出ない田中が「自分へのトスを減らしてくれ」と弱音を吐いてたことが判明。しかし影山はそれをアッサリ却下していた。そんなこんなで24対22。稲荷崎がマッチポイントという戦況に。

・ゆらぎ荘の幽奈さん(ミウラタダヒロ)
幽奈こそが正体不明の天狐幻流斎と踏んだ葛城ミリアはゆらぎ荘に潜入。しかしなぜか信楽こゆずとの化け合戦で打ち解けてしまう。

・火の丸相撲(川田)
刃皇が来場所で優勝したら引退すると発言し角界は大荒れに。鬼丸も奮起するのだが一方で駿海が倒れたり(ウソでした)刃皇と鍋を囲んだりレイナと付き合い始めたりとなんか大変に。
9月場所を控えたある日、童子切に招待されて岐阜県某所に来た鬼丸。そこでは、国宝世代たちが合同練習を行い、打倒刃皇に燃えるのであった。

・ROBOT X LASERBEAM(藤巻忠俊)
ダイゾンオープン最終日でドリアンと優勝争い中。ロボは新技「コンセントレーション」でホールインワンを決める。
3打差を追って9番ホールを迎えるロボたち。ロングボールのためドリアン有利なのだが、ロボはまたもコンセントレーションを使い優勢を取る。

・青春兵器ナンバーワン(長谷川智広)
ゴローとナンバー6との健康診断対決。

・シューダン!(横田卓馬)
最終話。
エピローグ部分をあらかじめ準備していたようで、若干の駆け足は否めないけどきれいにまとまった。
次回作に期待しています。

・クロス×アカウント(伊達恒大)
これもクライマックス展開。
菜乃香ちゃんが、なんと海外進出! 互いの本音を語らねば! ということで玉梨は走る。

・ゴーレムハーツ(大須賀玄)
ノアは入会試験に合格したが協会内部にはゴーレムを合格させて良いのかという声も。そのアンサーも兼ねてノアにリドルゴーレム討伐の初任務が課された。

・フルドライブ(小野玄暉)
やばい位置だなぁ……。
玉城はカット使いの菅に辛勝。互いにイヤな奴という印象だったが、試合を通じてわかりあえることができた。
メンバーもそろっていよいよ大園卓球部として動き出すよ。

・トマトイプーのリコピン(大石浩二)
なぜか現実世界にやってきたリコピンにせがまれ、めめちゃんは彼を初詣につれていく。めめちゃんの友達も一緒だから正体を隠すのが大変だ。
ちなみに連載当初は前後編の二本立てだったんだぜ。

……予想外にボリューム多い。
これ年末にすべて振り返ることができるのか!? それはその時にならないとわからない。
といつわけで今年もよろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
楽天

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする